<畳替え>畳新調 追加1畳 国産表【ひのさらさ】 (ダイケンボード床 厚み55・60mm)


 >  > <畳替え>畳新調 追加1畳 国産表【ひのさらさ】 (ダイケンボード床 厚み55・60mm)

 

<畳替え>畳新調 追加1畳 純国産/日本製 国産表【ひのさらさ】 玄関マット (ダイケンボード床 厚み55・60mm)



コットンワンピースとかいうクソも色気のねェ格好でやって来た瞬間、少なからず興味を覚えた。
そして、

”け、いご”

首にまわされる腕がこんなに愛おしいと思ったのは、初めてだった。





廊下でと初めて会話をしたとき、俺が抱いた感想は間違ってはいなかった。
は他のヤツらと同じ、俺が目当てで使用人としてこの屋敷にやってきて、
境遇が境遇だっただけにたまたま雇用対象となり採用通知が渡された。
俺が好きだと告げ奉仕をする様は他の女と完全に同じだったハズなのに、違ったのは。

跡部景吾、俺自身だ。

”敬称は必要ない、今だけ景吾と呼べ。
…最も畏れなのか、染み付いているのか、そう言える女は居なかったけどな”
”け…、っ、けいご”

そう俺を呼んだ時、もちろん俺も驚かされたが、どちらかと言えば自身の方が驚いていた。
呼ぶつもりはなかったのに、突如口から溢れ出たのか。よくもまあ主に敬称も無しで呼べたものだと思う。
逆にそれくらい、お膳立てされた状態じゃあ無い時の方が勢い余って呼べるものなのかもしれないが、
なんにせよその一言が俺を驚かせただけじゃなく、心の片隅に火をつけたことは確かだ。

少しは骨のあるやつだと、楽しめそうだと思った。

にもかかわらず、今時高校生にもなってキスもした事の無いやつ(自身無いと言ってはいないが、
あの反応は例えした事があっても俺の中ではした事の無い部類とみなす)が、
夜のお世話がしたい!と啖呵きってやって来て、俺に火までつけて、開始1分でほぼK.O。
…舐めてんのか、こいつ。と思いきや、そもそも”お世話”の意味すら分かっていなかった始末。

あれだけ、俺の事を好きだ好きだと謳いながら、お前ホントに添い寝だけして帰るつもりだったのかよ。
この考えだけで(いや、つーかキスの時点で)どう考えてもこいつが処女だとわかった。

まるで無い訳じゃあないが、基本的にそういう女は相手にしない。
理由は色々あるが 無段階で広がる スライド伸縮テーブル ダイニング家具 AdJust アジャスト ダイニングチェア 2脚組、そもそも初めての女は感度も悪い上に、どうしても膜が破れる痛みを伴う。
経験がある女はどうしたら自分が、そして相手が悦くなれるのかを知っている。
しかしながらこの日は、これも違うあれも違う如何せん全てがいつもと違う
よくわかんねェという女が相手だった上に、既に俺自身が少なからず興奮していたのも確かだ。

跡部家の使用人として選ばれた以上、夜のお世話がどういうものか教えてやる。
そうして触れ始めたの身体は俺の予想をはるかに超えた幼児体系だった。
しっかり筋肉は付いているが余計な脂肪が無い分身体の線が細い上に 純国産 イ草花ござカーペット 『扇』 本間10畳(約477×382cm)【送料無料】【代引き不可】、体質なのか肌の白さが目立つ。
が、くびれもない、尻もない、胸もない。ないない尽くしのこの身体が想定外だったのは、

”や、あっ、もっ、そこやめてください…!”

全身、処女とは思えない程に敏感だった。
少し背中に触れただけでビク、と身体を震わせる様は俺のサディズムを刺激するのに十分だったが 【代引不可】 バンドー 省エネレッド C35 (C-35) 《省エネVベルト》 【メーカー直送品】、 逆に、前述した幼児体系の所為でこの跡部景吾がペドフィリアの傾向があるんじゃねェかと若干の疑念を抱いた程だ。

感度が良いからか、どこもかしこも少し舐めただけで触ればぐちゃ、と音がするくらいに液が溢れ出る。
快感なのか、それとも高ぶった感情か、とめどなくボロボロ涙は流すし、(…まあそれはそれで良かったが)
のナカに挿れきった瞬間、とろりと足を伝った血はまぎれもなく処女だと促す、
つまりは確実に今痛いだろうと思われるタイミングでも、決しては俺を止めなかった。それどころか、

”へ、いきです、っから!っ、このまま、して、”

こんなにも女に煽られて冷静でいられないくらいには、俺も歳相応の感情を持っていたわけだ。

部屋には俺とが繋がる音だけが響いてた。
広いはずのそれはもう熱気で満ちていて、も俺も汗だくだったが、 普段から体育系の部活をやっている所為なのか 、吹き出る汗の割りに決して動きを止めることはなかった。 色気がねェと思っていたのが嘘のように、という女にこんなにも感情を揺さぶられるとは微塵も思っていなかった。
白い分目に見えて桃色に変わる肌、どこから流れてるのかわからない程身体に絡みつく水滴、
普段の声色とは違う「女」になったの嬌声、そして。

”けいご、っ、け、ご、んあっ、けい、ご…!”

必死で口にする、俺の名前。
それはもう無意識と言っていいほどに、俺は呼応すべくの名前を口にしていた。

”ん、っ、けいご、す、き”

ふわりと微笑んだから涙交じりの告白をされたその瞬間、俺は落ちた。
に、恋をした。






「や、あ、っも、けー、っご、」
「ッ、…く」

あの日以降、よくもまあ俺も飽きねェなっつーぐらい、

、毎日毎日を呼びつける。 同じ使用人が呼ばれた前例など無かった所為か屋敷の中では憶測多い噂が流れているらしいが、俺には知った事じゃない。
自身もう呼ばれる事はないと思っていたんだろう。 2度目に呼びつけた時のあの”ひ、人違いじゃないでしょうか…?”と言わんばかりの表情。今思い出しても笑みが零れる。
あんなに指摘してやったのにその時も相変わらず色気のねェもん着てきたが、
その色気の無さにそぐわない程、セックスをはじめるとの表情や声色は一変した。
はじめのうちはそれが良いと思っていたが、
意外にも普通に接している時の頭の弱いもなんだかんだと気に入っていた。

ギャップ、とはこういう事をさすのだろう。

「あぅ、も、いっちゃ、」
「く、っあ、…ッ」

ぐっ、と腰を落として射精をすると、全身から力が抜ける。
この瞬間を気持ち良いと思うのに、女は男に対し、倍以上の快楽を得るという。
はあはあ、と息を荒げてベッドに横たわるを見ているとその説にも信憑性があるような気がした。

「平気、か?」

目尻に付いた涙を指先で拭って、の顔を覗き込むと、
さっきまで身体を重ねていたにも関わらず ステングリップアンカーSGA-80;6:54-309【大里】 03181319-001【03181319-001】[4996620122184]、途端に顔を赤くしては小さくコクリと頷いた。

初めて身体を重ねたあの日から今の今まで、は事ある毎にすぐ涙を流す。
セックスの最中に快楽で泣く分には、むしろ存分に泣かせてやりてェという気持ちが働くが、
日常生活において好きな女が涙を流すような事は出来るだけ無くしたい。
一度理由を尋ねたところ、
”え、と、その、けいごさまと居る事が嬉しくてもう全部が涙になっちゃうんです”と言っていた。

いい加減慣れろよ、とも思うのだが、呼びつければ呼びつけるほど、優しくしてやればやるほど、
慣れるどころか頻度も多くなっているような気がするのは決して気のせいなんかじゃないハズだ。

…さっぱり理解できねェ。

百歩譲っての主張を認めるとしよう。
自惚れている訳ではないが、一緒に居るというだけで涙を流す女は過去にも大勢いた。
つまりは、の言う、”嬉しくて涙する”という事はそう珍しい事象じゃないことは俺自身も知っている。
しかし、だ。一度きりという訳じゃないのは、もう自身が身を持って理解しているんじゃないのか?

過去に一度も前例の無い、連日連夜の呼び出しを経験すれば、少なくとも特別だという事がわかるだろうし、
これだけ顔をあわせていれば少なくとも”嬉しい涙”だって減るもんじゃねェのか?
俺がしかり、女の感情を理解出来ていないだけなのか。もしくは。

…が泣いているのは、うれしいから、では無いのか。

いやそれこそ理解できねェ。あれだけ俺を好きだと、毎日毎日組み敷かれながらも口にして、
それが嘘だと思えるほどあいつは演技も出来なければそんな頭のキレる女じゃないことは、
恐らく本人よりも俺の方がわかっている。

んで泣き止まねんだよ。そんな押し殺したような表情見るためにこんな真似してんじゃねェ。
自身が望んでたことだろ?この屋敷に来たのは俺と寝るために下級使用人から頑張ってきたんじゃねーのかよ。 一度ならず二度も、三度も叶ってる。なあ、もっと喜ぶと思ってたのに泣き笑いみたいな顔すんな。

あの時みたいに笑って、俺に、…好きだと言え。もう一回俺を落としてみろよ。



小さい上に肉が、つか体重がねーからを横抱き、所謂お姫様抱っこってやつをするのは簡単だ。

「えっ、まっ、待ってくださ…!」
「暴れると落ちるぞ」

くたり、とベッドに横たわるを軽々持ち上げると、そのまま風呂につれていく。
薄暗かった部屋とは異なり、明るいバスルームにやってくると、の白い肌が目に眩しかった。
忠告を聞いてたのか聞いてないのか、”は、恥ずかしいです!”と足をバタつかせるを無視して、
広々とした浴槽にそのままの状態で入浴した。

「…、気持ちいい、です」

抵抗を諦めたのか、頬を膨らませながら首まで湯船につかるの頬は赤い。

「けいごさま」
「アァ?」

またこれだ。の目が潤みだす。
今の流れのどこに泣き出すタイミングがあるんだか、俺には検討もつかねェ。

「…どうしてそんなに、私に優しくしてくれるんですか」

俯きながら言葉を発するの瞳からポツリと涙が溢れ出る。
それは湯船の表面を弾いて小さな音をたてると、乳白色の湯の中にすぐさま消えた。

「が気に入ったからだ、と前も言ったはずだ」

これ以上涙を流さないようにしているのか、ぐ、との唇が真横にひかれた。
次の瞬間、頬を緩めて俺の方を見ると、”え、へへ…、嬉しいです”と笑ってみせた。

大抵の感情は押し殺せると思っていた。いや、思っていたんじゃなく、押し殺してきた。
押さない頃から帝王学を学んできたが、時には年齢に見合わない待遇や地位を与えられ、
心無い人々からの誹謗中傷も多く受けてきた。
慣れれば、無でいることも、自分を強く見せることも、なんでも出来た。
それなのに、耐えられなかった舌打ちが、浴室に小さく響く。

これっぽっちも嬉しそうじゃない顔で、俺に取り繕うにどうしようもなくイラついた。

俺が好きだといいながら、与えても喜ぶこともない。
それでも、その言葉と言葉の中に漂う感情は紛れも無く本物だと訴えかけてくるのに。

「わ DV47114 メモリカード2GB、」

両手で湯を掬うと、打ち付けるように自分の顔を濡らした。
バシャリという大きな音と突然の出来事に驚きながらも、
ニコニコ笑って俺を見るは、初めて廊下であった時のそれなのに。

何度抱いても、
歯の浮くような言葉にも、
どれだけ優しくしてやっても、どうやらが泣き止むことはないらしい。

髪を伝って、頬を濡らす滴の感触を感じながら、思わずポツリと湧き出た言葉は。


…んで、何しても泣くんだよ、

<畳替え>畳新調 追加1畳 国産表【ひのさらさ】 (ダイケンボード床 厚み55・60mm)

、。


(ダイケンボード床 国産表【ひのさらさ】 追加1畳 追加1畳 国産表【ひのさらさ】 厚み55・60mm) <畳替え>畳新調



{yahoojp} {coxcomb.web.fc2.com}
{yahoojp}kkprem01-zenjp48-wl-zd-65811